プロフィール

フォトアルバム

マサノリ・ツキノ

サッカー(100%見る側ですが)が好きです。 セリエAとプレミアリーグが好き。 サッカーのゲーム(WCCF)も好きです。 目指せWT優勝!! 他には動物(特に犬)も好きです(雑種飼ってます)

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

混乱

さて、無事kシュさんから0809WBEプジョルと、
1213ジエゴ・アウベスをレンタルできました。
(kシュさんはダブリでもないのにカードを渡して
くれたので、とりあえずレンタルという事で後日彼が
使う事があればすぐにお返しします)
これで、プレッシング持ちが2人となり、ザネッティ不在
でもプレッシングで戦えます。
しかし、私には懸念がまだあって。
DFのコマ不足です。
現在、DFはプジョル、カンナバロ、S・ラモスがスタメンで
後半にファーディナンドを入れる予定だが・・・
仮に、この4人の内1人でもコンディション不良に
なったら、どうやりくりするのか。
カンナバロはスタミナ15の割には意外に持つので
1試合通して出そうと思えば出せるけど、
ファーディナンドは難しい。
例えばS・ラモスが出られないとしたら。
そこにファーディナンドが入ることになるけど、後半
どうするのか。
その辺のケアを、「MFのCB起用」で切り抜けようと
考えた私は、とりあえずアルベルダを中央CBで起用
してみたんですが・・・
これが残念な結果に。
一言で言えば空気。ボールに絡まない。
たまにボールに絡んでも取れない。やはりMFの
ポジションのようにはいかないみたい。
やむを得ず、「CBが出来そうなDMF」を探すことに。
検討の結果、0405黒P・ビエラと1213黒グスタボを
テストする事に。
このテストの為、決して中盤ディフェンスに問題は
無かったがダビッツとL・ディアッラが外れる事に。
実はこのテスト、PK戦のテストも兼ねている。
外した2人は残念な事にPKが苦手らしい。
事実、私も一度だけだがL・ディアッラに蹴らせて
失敗している。
もし、ビエラとグスタボのどちらかがCBをこなして、
なおかつPKも成功させることが出来たなら、これは
もう、ダビッツかL・ディアッラのどちらかを外すしか
ないだろうなと思ったのだが・・・・・
テストの結果は、最悪の結果に。
ビエラとグスタボ、どちらも不合格。
まずビエラだが、実は彼とは因縁があって。
以前、このカードを群馬のえらいお医者さんに頂いた
時には「なんじゃこのカード!!めちゃ数値高いやん」
と狂喜乱舞したのですが、いざ使ってみると・・・
本当にどうしようもないカードだった。
まじで、当時はそう思った。
追って奪えず、そもそも動かず。
その頃すでに、0708白ザネッティを使っていた私は、
「雲泥の差」という言葉を彼に投げつけ、それ以来
ずっとお蔵入りにしていたカードなのです。
ですが、巷ではとても評価が高い。
バージョンが変わったから?
私が下手だから?
成長したら化けるタイプ?
色々と理由はあるだろうけど、過去に「失格」の烙印を
押したものとしては、とても違和感がある。
で、今回検索結果に残ってきたこのカードを
使おうか使わまいか。
「あの頃とはバージョンも違うし、私もうまくなった
はず。ひょっとしたら使えるかも・・・」
と思い、使いました。
しかし結果は・・・昔の自分が間違っていなかった事を
再確認しただけ。
誤解無きように書きますが、勿論通常のDMFの
ポジションでも使いましたよ。でも同じ。
感じたのは、成長の遅さ。
多分、覚醒したらまた違う感想があるのだと思う。
だが、いかんせん(成長が)遅い。
☆1つ2つで、バリバリ働いてもらわないと。
人によってプレイのやりかたはまちまちですが、
私のやりかただと「覚醒したら化ける」では遅い。
覚醒してもそこそこだけど、☆1つから活躍するタイプ
が好まれます(アルベルダみたいに)
一方、グスタボは加入当初からそこそこ活躍してた。
但しそれはDMFのポジションの話で、CBのポジション
だとやはり空気。
まぁそこは(本来のポジションではないので)
致し方ない所だけれど、個人的にはカバーリング重視
のKP持ってるDMFは、急増CBも出来るんじゃないか
と考えていただけに、残念です。
それに彼には欠点がもう一つ。
スタミナ18のくせしてやたら減る。
もし彼が採用なら、(スタミナ不足で不採用となった)
サネッティとの整合性が取れない。
それでなくても(今の他のメンバーでも)
プレスガンガン掛けたら(PK戦で)持たないのに。
そして不合格はこの2人だけではなかった。
なんと期待の2人も怪しい予感・・・
0809WBEプジョル。
0405WDFからのバージョン変更だけなので、
経験は勿論そのままのはず。なのに替えた直後から
明らかに動きがおかしい。
具体的には、当たりに行って、ボールを取りきれない。
ボールを取ると上がってしまう。
上がる傾向は、WDFでもあったけど、より顕著に
なった感じ。
何よりも、WDFの時に感じた、ボールを奪いに行った
時の安心感(必ず取るという)がないというのはねぇ。
プジョルとリンクしているかもしれないのが、GK。
ジエゴ・アウベス。
みんな使ってるからどんなGKかと思いきや、
とても使いにくい。
正直、飛び出しはニシカワ君より遅く、そして
取れない。
1回、間に合ってるのにボールを取りきれずに
もたもたしてるうちに蹴りこまれてレッテーがあった。
これ・・・どうなん?
ちなみに☆4つまで育てたけど。
カリッソの方がはるかに使いやすいよ。
ただ、残念な事にPK戦のテストが出来てないので、
どれだけ活躍するかは未知数。
まぁ、WTやる人たちがあんなに使うぐらいなので、
おそらくそこは心配ないと思うけど、
私の腕だと、むしろPK戦にたどりつかないぞこれ。
さっきも書いたけど、WDFならGKと1対1になる
ピンチを結構防いでくれていたのが、WBEになって
抜けてきたのがGKで防げていないというのもある
(つまりGKの問題ではなく、単にGKと1対1の回数の
問題だという話)
・・・という所を色々と踏まえて。
今回は、せっかくお借りしたWBEプジョルですが、
採用はWDFの方にします。
GKはジエゴ・アウベスで頑張ってみます。
さて、こうなると再び再燃するのが
「KPプレスディフェンス持ちが1人だという」問題。
ここを解決する為、もう一度検索してみると、
なんと見逃していた選手が1人。
0102黒 ダミアーノ・トンマージ
この選手は以前、使った事があって、決して使用感は
悪くなかったと記憶しています。
KPもプレスディフェンスで、スタミナも19。
中盤右サイドを担当させることが出来ます。
しかしそうなると、もし彼が合格となるとL・ディアッラが
不採用ということに・・・
彼のディフェンスそのものは決して不満はなかった
ので、大変悩みましたが、とりあえずトンマージを
テストしないと何も始まらない。
テストの結果、満足がいけば、その時はL・ディアッラに
ごめんなさいを言おう。
不合格なら、L・ディアッラで本番を戦おう。
PKキッカーの件やCB不足の件など、まだ解決
していない点がありますが、これ以上のテストは
不可能(テストチームの任期が後8試合)なので、
そこは割り切るしかないかなと。
泣いても笑ってもテストは後1回。
これで納得できるチームが出来たらいいけどね!!

2014年7月28日 (月)

びっくりした!!

今日、実にびっくりうれしい出来事がありまして。

私、このブログを開く前に、無料掲示板を使って、ブログっぽいことをやってたんですが。

そろそろちゃんとしたブログを開設したいなと思い、ほんとつい最近始めたんですよね。

で。

その、ブログを始める少し前に、大阪のゲーセンで

「WCCFガール」ことおくむらなつこさんに偶然お会いしまして。

思わず声を掛けて写真を撮らせて頂いたんですよ。

で、その様子を掲示板の方へ書いたのですが。

で、その後、ブログを開設したので、掲示板の方へは行かずにずっとこっちで

読み書きしてたんですが。

なんと、その掲示板に、なつこさん本人の書き込みがあったんです!!

もうびっくりで!!

だって、私の友人ですら、私が書き込みしたことを、メールで教えないと誰も

見に来てくれない位の、「絶海の孤島」のよーな掲示板なのに。

よくぞ見つけてくれました(><;;

これからも、こちらの方へたまにでいいから見に来てくれるとうれしいなぁ。

(願望)

2014年7月27日 (日)

うーん・・・

Kシュさんからのジエゴ・アウベスとプジョルを待ちきれずに、今日1000円だけ蹴りに

行ってきました。

(つーか、実家に帰らないといけない用事があって、その「ついでに」ラウンドワン岸和田に

寄ろうと。あそこ1000円9クレだから(汗))

一応、殆どのテストは終了していたのだが、あえてカンナバロのバージョンを

0607黒(フォアザチーム)→0506黒(カバーリング重視)

に替えてみたくて。

スタミナが17から15に減ってしまうけど、カバーリング重視のお世話になることが

きそうな気がしたのでね。

それと、PKについて、もう少し調べておきたかったから。

前回は、漫然とPK戦に挑んでいたけど、どうも

・スタミナの少ないキッカーは外しやすい

・そもそも外しやすい、外しにくいキッカーが存在する

みたい。

考えてみれば至極当たり前の事で。で今回はその辺を踏まえてプレイしてみようと。

PKになったら、

スタミナの少ない(であろう)選手を自陣へ下げる(オリッチとか)

同じ理由で、スタミナがあまりもたないX・アロンソは先発で使い、後半ジェラードに交代する

PKが苦手な(とネットで言われている選手)、ダヴィッツ、Lディアッラは無条件で下げる

PKが得意(とネットで言われている)GKを敵陣へ上げる

というのをやってみて、どんな結果が出るのかをみてみようかと。

結論。PK戦3戦全敗。

これは、西川君が全く止めてくれなかった(1度だけ、リバウドが「自分で」外したのがあっただけ)というのもあるけど、やっぱこっちのキッカーが止められるなぁ。

ジェラードも、後半から出場してスタミナは十分あるにも関わらず外したし。

うちで、PK外したことがない選手は唯一ヴィエリだけ。

下げ忘れたL・ディアッラは、情報通り外したし・・・マスチェラーノも外したな。

プレスディフェンスでガンガンプレスで戦う関係上、どうしても90分終了時にスタミナの少ない

選手が多くなってしまって(特に同じサイドを執拗に攻められた場合とか)

PK戦になると厳しい、という感じがする。

まだ、DF陣に蹴らせていないので、そこが頼みの綱だけど。

0506カンナバロはいいね。やっぱカバーリング重視持ってる選手はポジショニングがいい。

気が付くと相手選手の前からちょい、とボールを奪ってる。

カンナバロのスタミナ不足をケアする為、アルベルダをCB中央でやらせてみたけど

ぎこちなくてだめだね。いわゆる「空気」。ボールに絡まない。

でもカンナバロのポジショニングがいいのか、意外にスタミナが減らないので、これはこれで

(1試合出場は)いけんじゃね?と思ってます。

しかし、PKでこんなに苦戦するとは思いもしなかった。

テストチームとはいえ、WT今だPK戦勝利なし・・・

2014年7月22日 (火)

トライ・アンド・エラー その2

さて、前回の続きですが。
どうしても1011黒トゥラランに納得いかなかったので、
0607黒アルベルダをテストすることに。
このカード、その昔私がアンチファンタジスタ持ちの
カードを探しまくっていた頃に、0506黒マケレレと共に
友人Zさんがくれたもの。
色々あって、とうとうアンチファンタジスタの頃には
使う事が出来なかったけど、今回ようやく日の目を
見ることに。
使った感想は・・・もっと早く使えばよかった。
いいよ。すぐわかった。一言で言えば「ちゃんと取る」。
チャレンジしたら失敗がほとんどない。
だから安心して見てられる。
ダヴィッツやザネッティほどガツガツはいかないけど、
的確に、適切に、ボールを回収するって感じ。
取った後のフィードもセンスあるって感じで、いいね。
それでいてスタミナも問題なし。合格。
現在、0809WBEプジョルが手元にない関係上、ずっと
0405WDFを使用してるので、プレスディフェンス持ち
がザネッティ1人しかいない。
したがって常にザネッティがスタメンのどこかに
いないとプレスディフェンスが出来ないので、DMFの
メンバー構成に偏りがあったけど、
(本当は左からダヴィッツ、マスチェラーノ、アルベルダ
、L・ディアッラの4人でテストしたかった)
まぁこれでもいいかなと。マスチェラーノが割り食って
サブに回る事が多かったけどね。
まぁマスチェラーノには緊急のDFも担当してもらう
つもりだから、案外この形が最終形になるのかも。
何試合かレギュラーリーグを消化して、一度対人で
力試しをしておきたいなと思い、オーシャンへ。
(ネーションはゲット済)
そしたら1回戦と決勝がCPU(笑)
まぁこれはどうしようもないわな。
でも2回戦、ちゃんと対人にあたって、あっさり
6-0で勝利してしまった。
これはいくらなんでも相手が弱すぎたと思う。
オーシャンを難なく優勝したので、WTに出場出来る
ようになった。
せっかくなので、今度こそ腕試し(PK戦のテスト含め)
と、参加。
そしたらなんと、1回戦も楽勝で2-0で勝利。
「ん?まさか本当に強いチーム出来た?」
いやいやそんなはずはありません。
次の2回戦のチームが本当のWTのチーム。
スピード・奪取・ディフェンス震撼のチームでした。
私がやろうとしている育成と同じ。
案の定、中盤の奪取合戦に負けっぱなしで防戦一方。
左サイドをメッシに破られ、カットインしてきた所を
GK飛び出しで防ごうとしたら中央のCR7にパス。
CR7に向かってペナエリアギリギリで飛び込み!!
するとCR7がくるっと自陣に体の向きをかえてスルー。
あっさり交わされてシュートでレテー。
うーん。
今のは私の飛び出しがまずいのか。
いや、あれ以上遅かったら遅かったで普通に
やられてた気がする。
シューキャンってやつ?何だか知らないけど、あれは
私には防げなかったシュートだ。
気を取り直してプレイ再開したが、0-1で前半終了。
イブラに変えてヴィエリ、カンナバロに変えて
ファーディナンド。
今にして思えば、X・アロンソもジェラードと交代させて
置くべきやったかな。
相変わらずボールは相手が支配していたけど、
一瞬のスキを突いてヴィエリが左サイドから
同点ゴール!!
その後お互いに決め手を欠き、PK戦へ。
PK戦は望む所で、しっかりとKPをPKセービングに
切り替えて臨んだんだが・・・・・
なんと、一方的にやられました。
こちらは1番目のヴィエリ以外は全員外れ。
相手は全員成功。
ニシカワ君の個人の☆は4つで、覚醒こそしてません
が、それを差し引いても酷いやられっぷり。
PKセービングもS(ディフェンス震撼状態)やったのに。
GKもGKだが、キッカーの方も酷い。
PKって、個人の☆の数も関係あるのかな?
それともスタミナの量が影響?
おそらくスタミナの影響が大だとは思うけど。
オリッチもX・アロンソも、フル出場で半分近くだったと
思うし。
X・アロンソをジェラードと交代させてれば、おそらく
成功してて、次のザネッティまで順番が回ってたと
思う(まぁそれでも負けてたとは思うけどね)
WT2戦やって感じたのは、このチーム、いける。
テストICの関係上、六角形が前チームのテストで
支配震撼させてたから、奪取を伸ばしようがなかった
(だからプレスディフェンスはBのまま)のに、それで
なんとか対人も1勝1分けでいけたからね。
ヴィエリは確実に通用するめどがついたし。
ただ、PK戦だけは考え直さないといけない。
やはりジエゴ・アウベスが欲しい。
友人Zさんをはじめ、八方手を尽くして助力をお願い
した所、ダブりでもないのに譲ってくれるという
危篤、いや奇特な方が。
(Kシュさん、ありがとうございます(笑))
正直、ジエゴ・アウベスが入ったからといって
PKが必ず勝てるとは思ってないけどね。
相手もそのGKやったりするから。
つまりキッカーの選抜と状態が勝負を分けると見た。
そこんところ、まだ経験が浅いので何とも言い難いが
出来る限りの情報収集をして、考えて行動してみよう。
プジョルとジエゴ・アウベスが入手出来次第、
ガチチームの始動です!!
WT優勝、間に合うか?

2014年7月21日 (月)

トライ・アンド・エラー

前回のテストの後、0809黒サネッティと、1011黒
トゥラランを変更するって書いたけど、それから後にも
色々と替えたい選手が浮かんできて・・・
まずカイト。確かにスタミナはあるんだけど、決定力が。
星がつけば改善されるんだろうけど、結構ひどい。
でも酷いのは足だけで、実はヘディングは序盤から
得意そう。
確か7試合で4点取ったけど3点がヘディングだ(笑)
それだけならまぁ、我慢してみようかと思ったが、
動きがね・・・右STの位置だと、カットインしなくて
右に流れてしまうの。
で、クロスはあげてくれるけど通る訳もなく。
それならと左STの位置に置いたらなんだか動きが
ぎこちない。
ジェラードやx・アロンソとか、リバプール在籍選手が
いるので、連携面で有利かと思ったけど、どうも
使い勝手が悪そうなので、似たタイプの選手を捜し
たら、いたよオイ。
イビチャ・オリッチ。1011黒で、FWでスタミナ18。
(カイトは19だけど)
後、ヴィエリの0102黒が群馬の素晴らしい名医から
送られてきたので(笑)、0203黒と入れ替え。
後半からしか使うつもりないので、スタミナ-1と
引き換えにSS(パワー)ならこちらの方が使いやすい
と思うし。
それから、安易にカリッソ使ってたけど、どうもPK戦は
そんなにも強くはないらしい。
(あくまで他人の使用感だが)
なので手持ちのPKキーパー探したけど、どれもこれも
使用感ぐぐったらいまいちで・・・
ちまたで有名な、1213白ジエゴ・アウベスが
ちっともゲットできない。
ここはどうしても使いたいので、友人Zさんに購入を
お願いする。
とりあえず次善策として、1112黒ニシカワをチョイス。
彼の使用感がよい場合、あるいはジエゴ・アウベスが
手に入らなかった場合、これで行こうかと。
という事で、前回プレイからの変更は、
0809黒 サネッティ⇒1011黒 トゥララン
0203黒 ヴィエリ⇒0102黒 ヴィエリ
0809黒 カイト ⇒1011黒 オリッチ
0708白 カリッソ⇒1112黒 ニシカワ
となりました。
で、7プレイした感想は・・・
1・サネッティから変更したトゥラランはねぇ・・・
正直、動きは劣化した。
多分、もう少し長い目でみればまた違ってくるとは
思うけど。
ただ、スタミナは明らかにトゥラランの方が持つ。
が、追って取れず、カバーリングも失敗じゃなぁ・・・
どうもトゥラランに対してネガティブなイメージがある
からかもしれないが。
2・ヴィエリがやっぱり化けた!!
ssの発動確率はやや低めで、そこは若干がっかり
したけど、どちらかと言えば「そんなの関係ねぇ!」
思った通りのパワードリブルからの弾丸シュートで
後半からなら充分ガチで使えます。
3・オリッチは、もう少し様子見。
スピード18は伊達ではなく、右サイドを結構突破する。
けども決定力が・・・と思ったら!!
最後の7試合目で、目が覚めるような
超弾丸シュートが!!
どう贔屓目に見ても、ジェラードやトッティと同等、
下手すりゃそれ以上の威力だった。
ここはもう少し見たい。
4・ニシカワは、いいね。
飛び出しもカリッソほどではないけど、ストレスなく
出てくれるし、ちゃんとキャッチする。
ファンブル等もなく、特に問題視する場面もなし。
PK戦が見たいので、あえてオーシャン(相手CPU)
で、わざと0-0にしてみたけど、きっちり4本も止めた。
まぁ、相手が相手だから鵜呑みにはできないけどね。
6・動きが微妙だった、ダヴィッツ、L・ディアッラは
だんだん調子上げてきた。
が、どちらかのサイドに攻防が偏ると、両サイド担当
のこの2人のどちらかがスタミナ切れるのは注意点。
おそらくこれは、彼らのスタミナ云々ではないと思う。
私のプレスの掛け方も考えないと。
プジョルは劇的に動きが変わった。
積極的にボールを追うようになり、まるで左の
S・ラモス(笑)
あまり上がりすぎるのも考え物だけど、きっちりボール
奪取してくれるので、あんましピンチな記憶なし。
カンナバロは相変わらず地味だけど、だからといって
下手でもない。ちゃんと左右のカバーしてるし。うん。
7・X・アロンソがトップ下のレギュラー奪取。
ボランチとしては、スタミナが心配なので、スタミナが
切れてもあまり影響のないトップ下へ。
これによってジェラードがサブという贅沢な布陣(^^;
いいパスだすし、思った以上の決定力で、充分
通用する。がしかし・・・・・
気になる点が一つ。
PK戦、こいつ外したんだよね。
トップ下だから、配置そのままだと3番目位に順番が
回ってくる。
たまたまかもしれんが、WTやるにはちょっと気がかり。
全般的には、おおむね良好な感じ。
ただ、トゥラランがどうしても納得いかねぇ。
で、プレスディフェンス持ちでスタミナ18以上の
DMFをもう一度探したんだけど、気に入ったのが
いない。
という事で、プジョルを0405WDFから、
プレスディフェンス持ちの0809WBEに変更する事に。
ただし、このカードも持っていないので、友人Zさんに
購入をお願い。
このWBEが手に入るのを前提で、DMF探しを継続。
すると候補が5人に。
0607黒 アルベルダ(マンマーク)
0203白 ペロッタ(ハードプレスディフェンス)
0910黒 エッシェン(ハードプレスディフェンス)
0506黒 マケレレ(マンマーク)
1213黒 グスタボ(カバーリング重視)
こんなにいっぱい一度にテストは無理なんで、
とりあえずアルベルダを7クレテスト。だめだったら
ペロッタを7クレテストしてみることにした。
実はもうこのテストは終わっているのだが(汗)
続きはまた次に。

2014年7月18日 (金)

次期U5Rガチチーム、始動!!

前回のU5Rの教訓を元に、アゲアゲ専用ガチチームを
作りました。
しかし、上げるパラを、スピード、奪取、ディフェンスに
決めたのはいいけど、プレスディフェンスと
ハードプレスディフェンスの違いが分からん・・・
ハードの方がハードに追うけど、DFラインが乱れ
やすいとか?
とりあえず今回はプレスディフェンスで行くことに
したけど。
現時点のメンバーはこんな感じ。
Dsc_02961
⑪0809黒      カイト
⑩0809キラ(WBE)ジェラード(CP)
⑨1011キラ(WCF)イブラヒモビッチ
⑧1112黒      L・ディアッラ
⑦0809黒      サネッティ
⑥0708黒      マスチェラーノ
⑤0203黒      ダヴィッツ
④1011黒      S・ラモス(パートナー)
③0809キラ(WBE)ファーディナンド
②0405キラ(WDF)プジョル
①0708白      カリッソ
⑫0405白      トマソン(パートナー)
⑬0102黒      ヴィエリ(写真では0203黒)
⑭0708白      ザネッティ
⑮1213キラ(WDM)X・アロンソ
⑯0607黒      カンナバロ
KP
オフェンス:ダイレクトプレイ重視
(X・アロンソ、マスチェラーノ)
ディフェンス:プレスディフェンス
(サネッティ、ザネッティ)
サポート:ダイナモ
(L・ディアッラ、カイト)
今回はアゲアゲDFの為にスタミナに特に気を配り、
出来る限りスタミナ18以上を集めるようにしましたが、
やはり全員は無理でした(当たり前)
それでも某群馬の名医さんのご尽力を賜り
(X・アロンソ、ヴィエリ、ありがとうございました!!)
ほぼ納得のいくメンツが完成。
そこでテストICで7クレテスト。
そこで分かった事がいくつか。
1・残念ながら、X・アロンソ、ザネッティの2人は
プレスガンガンだと90分持たない。
2・カイトの動きが右サイドにより過ぎ。クロスを上げる
なら文句ないけど、切り込んでくれないと・・・
3・改めてだが、ザネッティディフェンスパねぇ
4・ファーディナンドの動きはいいね。うまい守備を
するなって感じ。しかしスタミナが・・・
5・ヴィエリがすげぇ化けそうな予感。
テストでは0102が間に合わなかったので0203を使用
したけど、後半頭から投入して弾丸ミドル
叩き込んでた。
ドリブルも、思った通りの「DFをなぎ倒す」ドリブル。
これで(0102の)SS(パワー)が加われば・・・
5・期待したダヴィッツ、L・デイアッラは、いまいち・・・
だめという訳ではないが、正直、白ザネッティに劣る。
まぁ7クレだしまだ分からない点もあるし、もう少し
使うけど。
そうそう、カンナバロもよくわからん。
ファーディナンドを主に使ったので、次はカンナバロを
1試合持つか使わないと。
上記の使用感の結果、
イブラ、ファーディナンドはスタミナが持たない為、
後半頭から交代確定。
故に交代枠はあと一つだが、残念な事にジェラードも
持たない。
そこでトップ下の能力も充分にある、X・アロンソを
後半から使用しようと考える。
そうすると、DMFでサネッティが不安・・・
とりあえず今回は代わりにザネッティ(ええい濁点が
有る無しだけなんでややこしい)を入れて、しかも彼が
素晴らしい活躍をしたのでそこはよかったけど、
ザネッティが不調だったときの事を考えると、
プレスディフェンス持ちのスタミナ自慢なDMFが必要
かな?と思う。
後、ここまで一言も触れなかったけど、プジョル。
正直、まだ分からん。
ただはっきり言えるのは、思った以上に上がって
こない。
右サイドのS・ラモスとは対照的。
ひょっとしたら、バランス取ってる?
ただ、ザルかと言えばそういうわけでもなくて・・・
ここももう少し検証が必要かも。
という事で、今現在では、
⑦0809黒      サネッティ
を、
⑦1011黒      トゥララン
に変更予定。
前回、0708白を使用して、守備の軽さが目に付いた
のが気になるけど、まぁバージョンも違うし。
テストしてみないとわからないかな。

 

2014年7月15日 (火)

U5Rガチチーム 総括

さて、先日の土日、珍しく2日続けてお休みがもらえた
ので(休日出勤が結構デフォであるので)、集中して
次期U5Rガチチームを考える事が出来たのだが。
その前に、前回U5Rガチチームの総括(使用感)を
書いておかないとね。
5段階評価で、
5が「最高!!」
4が「よくやった!」
3が「まぁ、頑張った。」
2が「もうちょっとやってくれれば・・・」
1が「選ぶんじゃなかった・・・orz」
です。
フォメはこんなの。
(結局、試行錯誤でバラバラだけど(笑)基本形で)
Dsc_02951
ではさっそく、FWから。
⑪0405黒(さかつく)トッティ
評価 4.0
CPU相手には、充分過ぎる活躍で申し分なかった。
ただ、覚醒したのがオフェンス*3だった割にはその
効果を実感出来ず。
対人相手だと超人DFの前には中々突破できず。
まぁ当然と言えば当然ではあるが。
⑩0809キラ(WBE)ジェラード
評価 4.0
トッティ同様、「よくやったくれたんだけど・・・」な人。
私が下手だったからだうけど、自慢のミドルはあまり
なかったなぁ。
それでもイブラ・トッティに次ぐゴール数を稼ぎ、
アシスト数はチームトップの活躍は充分評価していい。
唯一残念だったのは、思いの外スタミナが
持たなかった事かな。
ただこれも、プレスガンガンかけてでの話なので。
普通にプレイしていれば充分もつはずです。
⑨1011キラ(WCF)イブラヒモビッチ
評価 4.5
まさに「今バージョンの申し子」。
CPU相手ならまさに無双。DFをバキバキなぎ倒して
ゴールの山を築きます。
流石にWTではそのペースはぐっと落ちたけど、
それでもWTでの得点数ではチームトップ。
そのフィジカルは超人DF相手でも十分通用します。
ただ、彼もプレスガンガンだと90分は持ちません。
残念・・・。
⑧0708黒      サネッティ
評価 4.5
中盤守備の要その1。
今回、いくつかの失敗といくつかの成功があったけど、
一番、感動したのが「中盤の守備」。
後半20分位までなら、WTの猛者相手でも全くひけを
とりませんでした。
その立役者の一人であるのが、右DMFの彼。
実は私、ガットゥーゾのファンで、彼のような
プレイスタイルが大好きなんですが、皮肉なことに
まだWCCFでは彼を満足に使った事がありません。
以前、ミラン縛りで1011のキラ(WDM-EXT)を
使ったのですが、自分が思ってるほどには動いて
くれませんでした。
今回のザネッティの動きこそ、私が求めていた
ガットゥーゾそのもの。
ガンガン相手を追い掛け回し、高い確率でボールを
奪取。
それを確実に味方へパス。
時には攻め上がって、ゴールを決める事もありました。
(なんとWTでも!!意外に決定力あります)
本当に頼りになる「バンディエラ」でした。
ただ、彼も惜しい事に90分のプレスには耐えられず。
終盤、相手を追うことが出来なくなり、失点すること
多々・・・
しかし、彼を責める気にはなりません。
それくらい守備に貢献してくれました。
次期U5Rガチにも、バージョン違いですが入れます。
皆さん、彼は一度使ってみてください。オススメです。
⑦0708黒      マスチェラーノ
評価 4.0
彼もまた、中盤の守備を引き締めた功労者です。
最初、「軽いかも?」と思ったりしたのですが、中々。
両サイドのDMF(デ・ロッシとサネッティ)に比べ、
ポジションが中央だったので目立ちませんでしたが、
堅実かつ確実な守備と、KPであるダイレクトプレイを
黙々とこなしてくれました。
しかし、彼はスタミナには問題は無かったのですが、
特殊が全然伸びなくて・・・
そのせいかどうかはわかりませんが
(多分連携のせいだと思うけど)
あまり「おお、これこそダイレクトプレイ!!」という
素晴らしい速攻はなかったですね。
次チームにも入れます(今度はサブとしてですが)
前回同様、活躍して欲しいです。
⑥1112黒      デ・ロッシ
評価 4.0
サネッティと共に、中盤守備を支えた
「もう一人のバンディエラ」。
彼もサネッティ同様、幅広い動きのなかでガンガン
ボールを奪取してくれてました。
ジェラード不調の際にはトップ下も務め、その際には
アシストも決めるなど流石のユーティリティーぶり。
試すことはなかったですが、DFすらできたのではと
思うほどの守備力でした。
ただ、彼も数値の割にスタミナが持ちませんでしたね。
それは、スタミナ19の0910にバージョン変更しても
あまり変わりませんでしたね。そこが唯一残念です。
⑤1011黒      S・ラモス
評価 4.0
序盤~中盤までは、案外「お荷物」な所があって。
サブで入れてたアルベロアが本当に重宝した程。
しかし星がついてコンディションが安定してからは
右SBのポジションを渡す事なく、アグレッシブに
ボールを奪取してくれてました。
まぁ上がるタイプのSBですので、裏のスペース
突かれてピンチになることも勿論ありましたが、
スタミナも90分のプレスにも持ちますし、なんだかんだ
言って頼りになります。
次ガチチームにも入れます
(次のパートナーだしね(笑))
④0102キラ(BE) ネスタ(パートナー)
評価 3.0
非常に評価の高かったMF陣に比べ、今一つだった
のが、DF陣。
実はゲーム開始前から、CB2人とGK覚醒済みなんて
楽勝じゃん!!と思ってたんですよね。
しかもそれが、ネスタ・キエッリーニ・トルドですよ。
しかしながら、CPU相手ならともかく、WTでの超人
FW相手だとちょっと・・・
「そこきっちり取ってくれよ!!」ってシーンが
1度や2度ではなかったです。
とはいえ、きっちり奪取してくれる場面もありましたし、
おそらく私の使い方に問題があったと思いますので
まぁこの評価かなと。
スタミナもプレスガンガンだと90分持ちませんでしたし。
③0910キラ(ITS) キエッリーニ(パートナー)
評価 2.5
ネスタとほぼ同じ。
きちっと取ってくれる時もあるんですが、肝心な所で
(ペナ手前まで敵FWドリブルしてるとか、CKとかで)
これといった仕事ができてない事がちょいちょい。
まぁ、WTレベルの話ですが。
今までお気に入りだっただけに残念です。
スタミナも90分プレスだと厳しい。
CPU相手なら、何の問題もないんですがねぇ・・・。
②0102黒      マルディーニ
評価 3.5
今回、期待して使用した人の一人。
彼の場合は・・・ちょっと不遇だったかな?
私の起用方法がちょっとね。
悪くはなかったと思う。CPU相手は勿論の事、
WTでも、それなりにクリロナ・メッシを抑えていたと
思う。
けど、両CBが90分プレスに耐えられない関係上、
その両CBと交代出来るCBを置いとかないといけない
と考え、左SBで守備のめどがたったアルベロアに
レギュラーを明け渡す事に。
しかし、そうは言いながら交代枠は、
前線3人に使用してしまう事がほとんど。
(ここは完全に私のミス)
そんなこんなで、「それほど悪くないのに、WTでの
出場数が少ないという事になってしまいました。
パオマルには悪いことをしたなぁ。
またいつか必ず使ってあげるから。
(次回はダビッツとの連携が悪い為、不参加)
①0203キラ(IT)  トルド(パートナー)
評価 4.0
いや実際、よくやってくれましたよ。
トルドは飛び出しが決して早くはないんですが、
そこはなんとか早目早目の飛び出しでカバーした
つもりですが・・・
CPU相手なら全然大丈夫なんですが、やっぱWTと
なるとそうはいかない。
ペナルティエリアギリギリ(あるいはそのちょっと外側)
で取るかとらないかのタイミングで飛び出してるのに
それよりちょっと早いタイミングでシュートされて失点。
対人相手では飛び出しは通用しないのか。
それとも私が下手なだけなのか。
PKはね、トルドの得意分野なんで、それなりに
活躍しましたよ。
多分、7割は勝利してたと思う。
ただし、たった2回だけど進んだ決勝戦、2戦とも
PK戦だったけど負けたのはなぜ?
ここからはサブ。
⑫1011白      D・コスタ
評価 3.5
CPU戦には活躍したんだけどね~
(なんか似たような文面が・・・)
対人となると、やっぱ苦しい。あまりゴールをあげた
記憶がない。
やっぱ白だと超人DF相手はきついかな。
⑬0405白      トマソン
評価 4.0
実はそんなに期待していなかった人。
そしたらビックリ。決定力はあるわ、献身的なパスは
だすわで使いやすさ爆発。
御多分にもれずWTでは今一つだったが、D・コスタと
違ってSTや場合によってはトップ下も務められる
ユーティリティーさは重宝します。全白になら最適。
次のパートナーなんで、次も連れて行きます。
⑭0910白      カルー
評価 4.0
数少ない、「対人に通用した」選手。しかも白。
決定力的には、トマソンと大差ない(どちらも強力)
なんだけど、ST(トッティ)の代わりに出たカルーと、
トップ下(ジェラード)の代わりだったトマソンの差は
確かにあるけどね。
それでもたまに見せるスピード感あふれるドリブルは
何かが起こる予感をさせてくれて、ワクワクする1枚
でした。
ここも白なら鉄板。ガチでもサブならありですぜ。
⑮1112黒      アルベロア
評価 4.0
思った以上に活躍した「守備の地味な人」
序盤はちょっと頼りなかったんだけどね。
パオマル(KP要員・どちらも組織守備重視)や
s・ラモスが調子崩した時には、見事に穴を埋めて
いた(地味だけど)
後半は交代要員として外れたパオマルの代わりとして
左SBをほとんど先発で起用。
試行錯誤(あげあげかさげさげか)や、プレスが
きつくてスタミナが持たない事も時々あったけど、
両SBのクオリティを落とさずに戦えたのは貴重。
立派にその役目を果たしたと言えます。
⑯0708白      トゥララン
評価 3.5
最後まで守備の軽さが拭えなかった、KPサブ要員。
マスチェラーノのサブなんだけど、とてもじゃないが
DMFで彼を起用する気にはなれなかった。
幸い、マスチェラーノが調子を崩すことは少なかった
ので、彼が「戦犯」になることもそんなになかったけど。
但し、試しにと起用したトップ下で意外な活躍。
こと「KPの効果」という点のみにおいては、彼の方が
マスチェラーノを上回っており、きれいなダイレクトパス
が何回か出てましたね。
それ以来、トップ下のサブにはトゥラランが入るように
なりました。
DMFとしてはやや不安だけど、前目なら使い道
ありそうな1枚でしたね。
・・・という所でした。
WTの経験値が不足しており、最後まで戦い方を
決められなかったのが敗因です。
次回はアゲアゲDFに特化したチームを予め作ります
ので、今度こそ優勝したいですね!!

 

2014年7月10日 (木)

酔っ払いの筆不精

・・・にとって、毎日更新するのは至難の業じゃ。

ほんとうは、書きたい事は山ほどあるんだけどね。

なんせ、今ブラジルW杯真っ最中だから。

サッカーはゲームだけじゃなく、もちろんリアルも好きなんで。

日本代表の事とか、大敗したブラジルの事とかも、書きたいんだけど・・・

めんどくせえ(笑)

ブログ始めたばかりとは思えない発言だな(^^;

まぁ、おいおい気が向いたら書きます。

その前に、次期U5Rの選手選考だな(^^;

2014年7月 7日 (月)

明日の為の敗戦

む、無念・・・
私の「自分史上最強チーム」でのWT挑戦は、
最高2回の準優勝で幕を下ろしました。
今日、最後の挑戦とラウンドワン和歌山へ。
任期は10試合しかなかったので、決死(おおげさ)の
覚悟で始めましたが、始めていきなり10試合
任期延長。
地獄に仏?の心境で、早速プレイ。
今日は序盤は割りといい調子だったんだけどね。
3回目の決勝にいけそうな雰囲気だった。
WT/人0-0△PK○(1回戦)
WT/人2-0○(2回戦)
WT/人0-0▲PK×(3回戦)
WT/人4-0○(1回戦)
WT/人0-0△PK○(2回戦)
WT/人0-1●(3回戦)
この辺はでは、正直完敗だったのは1試合だけで
相手によっては4得点と大量得点すらマークできた。
でもここまでやった・・・
ここから、坂道を転げ落ちるように
負け負け、勝ち負け、以下繰り返し・・・
WT/人0-2●(1回戦)
WT/人0-1●(1回戦)
WT/人2-1○(1回戦)
WT/人0-2●(2回戦)
WT/人1-0○(1回戦)
WT/人1-2●(2回戦)
WT/人0-1●(1回戦)
FM/CPU2-0○(WT相手見つからず)
WT/人0-1●(1回戦)
WT/人0-1●(1回戦)
WT/人0-1●(1回戦)
ここで、残り任期4試合となり、チャレンジ終了。
Dsc_0293_3
写真の通り、最終成績は100勝27敗20分けとなり
ました。
内、対人成績は
56戦して14勝24敗18分と大きく負け越しました。
敗因は、正直よくわかってません。
なんだかしらないけど、どうやってもクリロナ・メッシ・
マラドーナにボールが渡って、あわててGK飛び出す
けど間に合わずに失点。以下繰り返し。
これは、アゲアゲだろうがサゲサゲだろうが同じ。
ただ、アゲアゲの方が若干戦いやすかった。
やはり、超人FWにボールが渡る前にプレスからの
強奪が効いていたからだと思う。
ただし、立ち上げ時にそもそも最初からアゲアゲで
チームを組むのが前提でなかったので、パラも奪取を
上げずにスピード・支配・ディフェンス震撼だったし、
スタミナも決して軽視はしていなかったけど、それでも
90分間プレスするには足りなかった。
次回、ここに注意してチームを作れば、
少なくとも今回のチームよりかは勝ち上がる
チャンスが増えるんじゃないかと前向きに考えて
おります(^^;
次のチームこそは、WT優勝するぞ!!

 

2014年7月 6日 (日)

明日も準優勝!?

さて、先日の土曜日に実家に帰る用事があったので、帰りにラウンドワン岸和田でWT三昧。
しかし、やっぱりというか、なんというか・・・・勝てませんねぇ。
ただDFラインを上げるだけではだめみたい。相手ボールになった瞬間から、プレスガンガン
かけてって、相手FWにボールを渡さない作戦なんだけど、やっぱスタミナがもたん。
⑥1112黒      デ・ロッシ(スタミナ17)
⑦0708黒      マスチェラーノ(スタミナ18)
⑧0708黒      サネッティ(スタミナ17)
なんだけど、特に両サイドのDMF、デ・ロッシとサネッティが、仕事量が半端ないので
後半途中には半分くらいになる。
そうすると前半のようにボールを追えなくなるし取れなくなる。
あまり深く考えずに、スピード・ディフェンス・支配を震撼させたけど、ここへきて奪取とパワーの
不足を痛感するね。
ひょっとしたら私のようなへたくそがWT取るには、奪取・ディフェンス・パワーを震撼させて
徹底して相手を0に抑える戦い方(PK狙い)をしないとだめなんかな?
そうはいってもこのチームではもうどうすることもできないが・・・
途中から、不本意ながらアゲアゲ+縦列車にしてみる。
オタフォメは承知の上だけど、とにかくなんでもいいから、一度でいいから、WT取りたい。
「俺たちのサッカー」はそのあとでいい。
他のWTプレイヤーには迷惑かもしれないが、ここは堪忍してもらいたい。
そしたら、まぁ、なんてことでしょう!!(ビフォー・アフター風に)
今まで取れなかった点が、ポツポツと取れるように。
具体的には、相手ペナ付近でボールロストしたボールや、相手DFの持っているボールを
STのトッティやイブラが奪ってゴールというのが増えた。
流石はオタフォメ、(このゲーム上では)効果あるね。まぁ、バージョンにもよるだろうけど。
まぁそれだけではなくて、今までほぼ地蔵だったのを、DFラインを左右にずらす程度だけど
カード移動もやるようにしたら(サイドにボール振ってくるプレイヤーが結構いるので)、
何とか2度目の決勝までたどり着きました。
Dsc_0292_4
しかし、夢はここまで。
決勝もイブラが後半に先制したんだけど、そのあとすぐに失点・・・
1-1でPKとなり、またもやPK負け。
だんだんと、私のなかでトルドの信用度が下がってきましたね。
現在、PK戦18戦8勝6敗。とても強いと言えるレベルではないですね。うーん。
私が持ってるGK(キラ)の中では、強い部類のはずなんだが。
やっぱカリッソじゃないとだめ?
実は任期が後10試合。
明日、蹴りに行くつもりなんですが・・・
明日も準優勝?いや、それすら無理?
いやいや、明日こそ!!