プロフィール

フォトアルバム

マサノリ・ツキノ

サッカー(100%見る側ですが)が好きです。 セリエAとプレミアリーグが好き。 サッカーのゲーム(WCCF)も好きです。 目指せWT優勝!! 他には動物(特に犬)も好きです(雑種飼ってます)

Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

波乱の立ち上げ(と書いて自業自得と読む)

                                                                                 
前回の文章、スマホから読むと殆ど訳わかんない
でしたね。ごめんなさい。
未だに試行錯誤中ですので・・・m(__)m
さて、立ち上げました。ぬくぬく杯用チーム。
チェルシーU-5R、チーム名は、
「ツキノチェルシーFC」
「そのままやんけ!!」って突っ込み、
甘んじて受けます(笑)

 Dsc_0037

 
・・・
実は立ち上げ後、ある事実を目の前にして
(瞬間的にですが)卒倒しそうになりました。
私普段から、アイテムって使わない人で、
(別にアイテムを否定してるとかじゃなくて、
ただめんどくさいだけ)
使い方が良くわかってなかったというのが最大の
原因だったのですが、
今回このチームを立ち上げるに当たり、出来る限りの
事をしようと、大量にアイテムを購入したんですよね。
「継承前のチーム」に。
あれって、そのチームにずっと残るものじゃないん?
任期0試合(=継承前チーム)にアイテム買って
選択したら、当然そのチームで継承、立ち上げしたら
そのアイテム使えると思うじゃん?
(俺、間違ってる???)
でも結果は、アイテムって1任期限りのもので、
任期が終了するとアイテムも消滅する。
すなわち、任期0試合(=継承前チーム)にアイテム
買って装備しても、
なん       っにもならない訳。
それならそれで、任期0試合のチームには
アイテム買えないようなセーフティーいるだろーよ。
(まぁよく調べずにアイテム買い込んだ私がバカな
だけですが)
・・・ということで、
アイテム使う気マンマンだったのに、買ったアイテム
全部パーにしてしまって茫然自失だった訳。
でもまぁ、そこでギャーギャーわめいても仕方ないし。
すぐ気持ちを立て直して。
残っていたポイントでかろうじて1つアイテムが
買えたので、それで連携アイテム(スタミナ効果)を
購入して立ち上げ続行。
みなさんもアイテム購入時にはご注意下さい。
(そんなやつぁいねーよって?ごもっとも(泣))
前回も書いたけど、マルーダ1011黒から、
マタ1213黒に変更しての立ち上げだったんだけど、
ここは正解だった。つかなんでマタ最初からテスト
しなかったんだろう?ってレベル。
いい。決定力上々。ロッベンと同等かそれ以上。
完全に決定力の底上げには成功した。
突破力、クロスも問題なし。
金靴はいて、一瞬にして個人・特殊覚醒した
(金靴ってこんな効果あるの?)
ロッベンが出場機会を得られない位、素晴らしい。
後のメンバーは、テスト時と同じなんで、ざっくりいえば
「テストと同じ感じ」(笑)
テスト以上でも以下でもない。
ドログバも0607に替えて、少し期待したけど、まぁ
決して1011より「悪い」訳じゃないが、変わらない。
今の使用感だと「1011でも別によかった」かな。
けどせっかくだからこのまま0607でいくけどね。
(買って後悔したパターン(笑))
あ、一人テストと全然違う奴がいた!!
アザールでゴザール(死語)
テストでは1任期通じて僅か15ゴールしか奪えず、
シュートしてもGKにはじかれ続けた彼だが、
マタのアシストがいいのか、ダイレクトにスライディング
するかのごとくシュートし、(以前よりかは)決まる。
テスト時 131試合15ゴール62アシスト 
本番    37試合12ゴール33アシスト    
試合数からすると、約3.5倍の決定率(笑)
何がどう変わった!?アザール!!
何気にアシスト数もテストより多いぞ。
いいね。うん。
しかしいいことばかりじゃなかった。
なけなしのポイント叩いて買ったアイテムで
連携線を繋げてきたけど、太線⇒黄金線への3択が
さっぱり決まらない!!特にボジングワ!!!
はっきり言って、多分10試合は費やしたよ。
一番左⇒失敗
もう一度左⇒失敗
真ん中⇒失敗
やっぱ左⇒失敗
(右なのか?・・・うーんでも)真ん中⇒失敗
(右なんてめったにないし)左⇒失敗
(これだけやってダメって事は)右⇒失敗!!!
こんな感じ。どれが正解だよ。
ほんと、泣きそうになった。
最終的には何度か目の左で正解でした・・・(--;
これで大幅に育成計画が遅れた・・・
現在までの成績は、
50戦 43勝0敗7分け
1試合平均得点 2.76点
1試合平均失点 0.24点
引分け数が多いけど、まぁこんなもんでしょ。
得点は、こんなもんなら(私的には)及第点。
平均で3点なんて取った事ないし(笑)
失点はちょっと多いかな。
(対人とかと戦って)この数字ならいいけど、
対人やったら確実に失点率上がるからね。
PS・Yさん、ぬくぬくさんの書き込見てません
でした。ごめんなさい。
岸和田だったらすぐに行けたのに…残念です。

2015年3月22日 (日)

買わない後悔よりも

 

 

Dsc_0028

 

 

 
買って後悔する方を選びました。
ぬくぬく杯本番で、肝心な場面でゴールを外したりする事がもしあったら、「0607やったら決めてたかも・・・」なんて思ってしまうでしょうから。
さて、テストチーム(転じてツキノチェルシー・プレ育成チーム)、終了しました。
基本的には、テストチームでテストするのは大体30~40試合程度なんですが、今回の場合はこのチームで本番を戦うので
146試合、プレイしました。
「全冠して、選手を育成して、パートナー残して、本番」が、今回のテストチームの目標だったのですが、結論から言えば、ここまでは
一応成功しています。
全冠は、ジャパンとICCの決勝が対人見つからずにCPU戦でとてもラッキーでした。でもまぁ、対人戦で実力を把握もしたかったけどね。
チャントロのみ、決勝対人。張り切ってプレイしましたが、思った以上に苦戦。点が入らない。
しかしなんとか守りきり、PK戦へ。
チェフが思いのほかPK戦を頑張ってる。強くはないけど決して弱くはない。
最終的にこのチームでPK戦を5回やって3勝2敗。・・・つーかうちのキッカーが優秀?(汗)
1度は8戦目まで突入したが、どちらも×が1個で「止め続けた」んじゃなく「決め続けた」結果だったんで。
このチャントロ決勝では見事PK戦を勝利して、無事全冠達成。
Dsc_0025 
その後、このチームの実力を少し見ておきたいと、対人戦を少しプレイ。
オーシャン初戦は2-1で勝利。続く2戦目は1-1でPK戦勝利。決勝は・・・またしてもCPU戦(がっくし)
無難に2-0で勝利して、優勝。
その後、WTも3戦だけだけどプレイ。
初戦1-1でPK戦負け。2度目の1回戦はアーセナル縛り?っぽいチーム。ここには絶対負けられない。
うまい具合に前半32分に先制。「アシストマシーン」アザールからのクロスを、ドログバが叩き込む。
しかしその後、後半から徐々に押し込まれる展開に。前半プレスかけすぎたか?必死に守るも
後半40分、ついに失点。同点となり、このままPK戦へ。
PK戦スコア(8対7)という死闘の末、勝利しました!
しかしWT2戦目で、あの、1匹いればその30倍はいるという・・・・アレですよ。
「テ・ン・プ・レ」
まぁ、こちとら力試しなんで「テンプレ上等!!」とばかりに勇んで行きましたが・・・ものの見事に返り討ちに。
スコアこそ0-1でしたが、試合内容は散々。0-4でも不思議じゃなかったです。
前半16分にCKからあっさりメッシのダイレクトボレーで失点。ペナルティエリア外からやぞ。
どないして(GKで)防ぐねん。
もうね、中盤のボール奪取能力がハンパなく差がある。
こちらはほとんどボール持たせてもらえなかった。うーん。
ボール奪取も、こちらとてマケレレとエッシェンでいってるんだけど、中々取れない。
まともに反撃というか、チャンスを1度も作れませんでした。
この時点で143試合目。ここらが潮時だなと、レギュラー3試合回して辞任。
そしたらなんと!!パートナーが来てくれました。しかも3人も!!
Dsc_0027 
写真では分かりづらいですが、左からエッシェン、ドログバ、ケーヒルですね。
特にドログバは嬉しかった!!個人特殊覚醒に、オフェンス*1、パワー*2UPでパワフル所得と
おそらくこれより上はそう中々育てられないのではと思うくらいの状態でしたから。
しかし・・・・・
辞任してから、各種データを見て愕然・・・(--;
なんやねんこれ。
Dsc_0030 
Dsc_0031 
勝敗とか連勝記録とかはいい。おそらくこんなもんだし、もっとキングスやれば良くなるし、WTやってれば悪くなるもんだから。
問題は1試合平均点数。何だよこの「2.29」という数字は!!
他のプレーヤーは勿論の事、自分自身の他のチームと比較しても、低い!!
私のチームで、全白でも2.48、前回のぬくぬく杯に出場したイタリアU5チームなんか、2.74ですよ!!
(これでも他の方に比べると「へ」みたいな数字ですが)
プレイしてて、実感がなかった訳じゃないけど、ドログバの決定力の前に表面化してこなかった感があるな。
ドログバは申し分ない結果を残してくれました。サブのCFであるアネルカ、カルーもそれなりの成績で、
私的には満足してます。
満足していないのは、WG(ST)。
その中でも、ロッベンはいいのよ。(でもこの人も某JUNさんとこのロッベンとは比較になりませんがね(笑))
ツキノロッベン           112試合出場       42ゴール  34アシスト
某JUNさんロッベン        67試合(時点)出場  21ゴール  54アシスト
・・・これはもう、「腕の差」以外にはないですねえ(ため息)
・・・まぁ、それはさておき。他の方はともかく、自分の中での話で。
ロッベンは合格として、「戦犯」が3人いるのよね。
アザール    131試合出場  15ゴール  62アシスト   
ボジングワ    82試合出場    8ゴール  26アシスト
マルーダ    124試合出場     29ゴール  34アシスト
特にアザールはひどかった。優秀なクロスを上げる反面、左からのクロスをダイレクトでシュートしても
8割以上、GKにはじかれてCK。(私はアザールを右で使用しています)
それは個人覚醒しても変わらず、もうあきらめてクロスマシーンに徹しました。
ボジングワも後半限定、しかも後半頭からじゃなくて途中から出場が多いという言い訳はあるものの、
余りにもゴール数が少なすぎる。
マルーダはボレーはいいけどヘッドが全くと言っていいほど入らない。全部GKへのパス。キャッチされて終わり。
「・・・これは何らかのテコ入れをせねばなるまい・・・」
ということで、本来ならばもうテストは終了しているので、このメンバーで本番を立ち上げるのですが、
あえて1人、入れ替えます。
マルーダ1011黒⇒マタ1213黒
上記3人は確かにゴール数が少なすぎますが、その中でもマルーダは数字を上げている方。
しかしそれでもマルーダを替えるのは、理由があるからですねー。
ボジングワは相手の対方攻め用員で、右サイドのイバノビッチがスタミナ切れになった際の右SB要員も兼ねてます。
アザールは確かにゴールはさっぱりですが、その反面チーム1位のアシストがあります。
このアシストはほんと素晴らしく、ドログバに上がったら1点、と考えてしまうほどのもの。
故に交代させるのはあまりに惜しく、又彼を左で使えばまた使用感も変わると思いますので。
マタにはドリブル突破力、クロス能力の他に、決定力にも期待しています。
さて、いつ立ち上げようか・・・
テスト終了までに、ちょっと無理して蹴りに行ってたからなぁ・・・。

2015年3月18日 (水)

ちょっち、作戦変更

さて、ようやくメンバーも確定した、ツキノチェルシーFC
ですが。
実はまだ、立ち上げていません。
ちょっとした手違いというか、方針の変更というか。
選手に変更はないんですけどね。
実は、「立ち上げる予定だったチーム」に問題が。
「フランスU-5R」を辞任したままのチームがありまして。
チェルシーで参戦する、と決めた時から、本番を
立ち上げるチームはこのチームで参戦しようと決めて
いたんです。
何故なら、パートナーにマケレレがついてきたから。
しかし先日、デールさんの監督年棒を見てびっくりした
際に自分の持っているチーム(7チームあります)の
年棒を調べたら・・・
フランスU-5Rチームって、たった8億5800万円しか
無かった・・・(--;
これはいくらなんでも低すぎる。
7チームの内、最も年棒の高いチームは全白専用だし、
その次の年棒チームもガチチームとして使用中。
・・・・・
立ち上げるチームを探している内、ひらめいた。
「今テストしてるチームで立ち上げればよくね?」
現在チェルシーU5Rをテストしているチームの年棒は
12億8491万円。
上記2チーム程ではないけど、フランスチームで
立ち上げるよりまし。
それに、(うまくいけば)パートナーも残ってくれるかも。
(テストチームでプレイしている場合、選手を次々と
入れ替える事が多いので、最終的に誰もパートナーに
残らない場合がある)
という訳で、このまま辞任して立ち上げても
いいのですが、
どうせならとことん育ててから辞任・立ち上げしたいので、
現在、テストチームでせっせと「土台作り」に励んでます
(笑)
・・・間に合うんやろか?(汗)

2015年3月16日 (月)

なんとか、なったね♪

 

やっとこせ、光が見えつつあります。ツキノチェルシーU5R。
ずっと、サブメンバーの選考で悩んでました。
(理由は前述ね)
で、その解決法をやっと見つけました。
これなら(なんとか)メンバーが不調でも対応できるかな?
おかげで、前線サブを4人入れる事が出来ます。
さて、サブの前線ですが・・・・・写真を参照して下さい。
 Dsc_0024
・・・え?写ってない?へっへっへ~(笑)
まぁ、そこは当日のお楽しみって事で。
(もったいぶる奴(笑))
ヒントとしては、私が迷っていたカルバーリョのバージョンが
結局0809黒のままだって事。
まぁこの理由は、やっぱラインコントロールそこそこ
使えるんじゃね?・・・ってのもあるんですが。
キラと迷っていたのは事実。
つまり、サブに入った新たな選手はキラ???
はいそこまでー(笑)
・・・これで予選3戦3敗だったら誰も口きいてくれない
だろうな(大汗)
しかし・・・・・
恐らく、このチームを育成しても、よくて予選突破までかな-。
対戦相手に恵まれたら、予選突破は可能だと思うけど・・・
まぁ、だとしてもやるだけやるけどね。
チームはともかく、プレイヤーの技量的にはもう
決勝トーナメントで勝ち上がる=ジャイアントキリング
ですから。
「・・・やってやる!!かなえ監督だって、ぬくぬく杯で勝って
出世したんだ!!」(←違)
(まだ40代でないと分からないセリフを・・・)

2015年3月14日 (土)

ツキノチェルシー、迷走中・・・

順調に見えたツキノチェルシーですが・・・
だんだんとボロがで始めまして。
いろいろと機能不全に陥っています。
そろそろ情報を制限していこうと考えているのですが、
簡単に言えば、「点が取れず、失点する」・・・って
そのまんまやん!!(笑)
おかげで現在、試行錯誤の連続です。
あれこれ選手をとっかえひっかえ。まだ迷走状態です。
一番の問題は、ポジションを掛け持ちできる選手が中々いない
事。
「DMFが出来るDF」か、「DFが出来るDMF」がいないと
選手のやりくりがうまくいかないので。
まだもうちょっと探します。
最悪、サブはDF1人DMF1人、前線3人となります。
前線4人は欲しい・・・
さて、先日無事全冠を果たして辞任した全白チーム。
総評です。(貢献度は5段階で5.0が最高です)
ボージャン1011白  86試合45ゴール3アシスト
貢献度:4.5
優良白。以上(笑)
いや、ほんと言うことは特にないです。よそーどーりの白。
決定力は折り紙つき。
(私はよほどの事がない限りFWはハーフ限定で使いますので
単純に試合数は半分と考えてください)
ただ終盤戦はスールシャールが伸びてきたので、CFの座を
譲る事になったけど、CF候補が4人もいたので監督としては
楽だったけど選手はたまらんわな(^^;
まぁ全白・スペイン、バルサU5なら鉄板。ガチチームでも
ありかもしれないレベル。
シナマポンゴル0809白 116試合36ゴール27アシスト
貢献度:4.0
このチームの右WG(ST)。
主に先発担当。思った以上の決定力で、時にカルドソからの
クロスをダイレクトで叩き込んでいた。
クロスもそこそこ記録しているので、使い勝手は悪くないです。
ただ、(方針でハーフ限定で交代させるとはいえ)やはり
スタミナは不足気味で、プレスをかけすぎると前半で半分、と
いうこともあったので、そこは若干マイナス。
カルドソ0809白 122試合40ゴール39アシスト
貢献度:5.0
文句なし!!貢献度5.0の4人の内、一番印象に残った選手。
私は途中でロサレス0506白とD・コスタ1011白を入れ替えた
のですが(入れ替えた理由は後述)、彼の大活躍
が理由の一つだったのかもしれません。
左WG(ST)を担当。彼の場合、スタミナに余裕がある為、
しばしば1試合通して出場したのも好成績の理由かも?
とにかくドリブルがうまくてクロスうまい。
その上クロスをダイレクトで叩き込むのもうまく、これといった
欠点が見当たらない(勿論、全白レベルでの話ですが)
次のチームの左WG(ST)はガイタンですが、万一カルドソが
パートナーに残ってたら躊躇いなくカルドソ使ってた。
全白・アルゼンチンU5なら鉄板だと思います。
デミチェリス0708白 125試合5ゴール23アシスト 
貢献度:5.0
使い勝手No.1!!貢献度5.0の一人。
DF登録だが元MFの為、DMF配置でも全く問題なくプレイ可能。
これがどれほどやりやすいか。
私のようにFWを必ずハーフで交代させる場合、FWの頭数が
非常に重要で、最低でも3人、コンディションの事を考えると
4人は欲しい。
が、そうするとDF・MFのサブを各1人入れる事が不可能
となる。
が、デミチェリスが両方兼用できるおかげで、FW4人
(レジェスはMF表記だけど立場として)入れる事が
可能となったので、これはもう存在だけで貢献度3.0は堅い。
勿論それだけでなく、ちゃんとDF・DMFをこなし
(私は主にDMFとして起用し、DFに不調者があれば
デミチェリスをCB、ダクールをDMFで使用した)
その守備だけでなく左サイドを攻め上がってのアシストも
なんと23個も記録!!
(チーム4位です)
文句なし。おまけにパートナーとしてついてきてくれるので
嬉しいったらありゃしない。
一度使ってみて。重宝するから。
アンデルソン0809白 120試合16ゴール22アシスト 
貢献度:3.5
全白チームのトップ下。つーかセンターサークル付近で
いつも使用してたけど。
低い位置だからか、期待してたほどのゴール数、アシストは
無かった。
だけどその分守備で貢献はしてたと思う。
それでもデミチェリスにアシスト数で負けてるのって、どーよ。
もうひと頑張りが欲しかったので、3.5です。
L・ディアッラ0809白 122試合2ゴール12アシスト 
貢献度:4.0
全白チームの右DMF。
DMFとして非常に自らの役割をよくこなしてくれた人。
幅広く駆け回り、ボールを奪取。
KP要員としても重要なダイレクト重視を持っており、彼のサブ
にはダクールが控えていたけど、体調も安定してて、
彼の代わりにダクールが入った事なんて数えるほどだったと
思う。
しかし反面、攻撃KPを持っている割にはアシスト等の結果は
これといって残さず。
ただ、これはボールを奪った後にすぐにWGへパスをしている
証拠でもあるので、これを持って「攻撃に貢献していない」という
訳ではない。
前述の通り、顔色も安定していて使いやすく、好きなカード。
次の全白にも使用します。
アルアバレーナ0506白 129試合1ゴール1アシスト 
貢献度:3.0
2バージョン前には「全白最強の左SB」とすら感じたが
バージョンが進むたびにその輝きがくすんでしまった。
といっても個人覚醒後の「抜かれてもしつこく追って奪う」
ディフェンスは健在で、守備に不安はさほど感じなかった。
が、やはり「あれ」を覚えてるからなぁ・・・。
ほんと皆さんに見せてやりたかった。1112バージョン時の
ロサレス・デミチェリスとのホットラインを。
それくらい、組織的に攻守が連動していて、それは美しかった。
今バーでは攻め上がる回数も減り、たまにに上がっても
クロスは通らない事が多く、「平凡なSB」になっちゃった。
残念・・・。
ルアーノ1011白 130試合7ゴール2アシスト 
貢献度:3.0
全白チームの左CB。
守備では確実にボールを奪取し、攻撃ではCKで抜群の活躍。
7ゴールは全てCKから。
今バーはGKがボールをはじく事が多いような気がする
(私が下手なだけ?)ので、CKでの得点は非常に有り難かった。
しかし、守備面での特筆すべきポイントもそれほどなく、
一言で言うなら「CKが上手な普通の白CB」ですね。
アルビオル1314白 128試合3ゴール0アシスト
貢献度:4.0
ある意味、このチームを救ったCB。
このチーム、けっこう長い間ちまちまとプレイしてまして。
実はバージョン1213で立ち上げてます。
そのころは組織守備がいいなと思って、組織守備を中心に
使ってたんですが、カバーリングの良さを知ってからは
「カバーリング一筋」
・・・で、久しぶりに1314で全白やろうと思うと
カバーリングがない。
バージョン違いで持ってないか探した所、彼が1314で
持ってたので、ほっと一安心。
彼のおかげでディフェンスが安定しました。
反面、スタミナが14と低くなってしまったので、場合によっては
1試合厳しい試合もありました。
守備面は育つまでちょっと顔色が安定しなかった気がしますが
育ってからは問題なし。
能力的にも全白CBとしては充分な力を持ってます。
全白スペイン縛りなら、私入れます。
コンコ1112白 127試合2ゴール5アシスト
貢献度:2.5
全白チームの右SB。
L・ディアッラやシナマポンゴルがフランス国籍なので、きっと
SBもフランスにしたら連携が繋がりやすくていいんじゃね?
・・・って所からチョイスしたのだが。
ほんと、上記の理由がなければ絶対序盤でクビにしてた。
…っていうぐらい、成長するまでの守備が軽い!!
ポジショニングは悪いし、抜かれても追わないし。
自分でもよく辛抱して使ったなと思う。
個人が4つぐらいから、ちゃんとボールを奪えるようにはなった
けど、そこまで辛かった・・・
だから点は辛めの2.5。
多分、二度と使わない。
カリッソ0708白 131試合0ゴール0アシスト
貢献度:2.5
輝きを失った、「元超優良白GK」。
今でも飛び出しは早く、その点は変わりなく使いやすい。
でも相手のシュートを思った程もはじいてはくれず、地蔵だと
無抵抗にゴールを叩き込まれる。
まぁ、それはまだしも一番辛かったのが、PK戦の弱さ。
以前は「PKに強いGK」だったはずなのに。
テンプレ対人と、一度だけ2-2のPK戦になった事があったけど
1本も止める事が出来ず、こちらは3本も止められた(TT)
今は使う価値、無いかも・・・。
ここからはサブ。
D・コスタ1011白 82試合43ゴール5アシスト
貢献度:4.5
全白チームのCF。
33試合目から、ロサレスと入れ替わりで入団。
バージョンが変わり、1314になってからはサイド攻撃が復活し
ロサレスを外した事を死ぬほど後悔したけど、それはロサレスの
活躍を惜しんだだけで、D・コスタが働かなかった訳じゃない。
決定力は壊れ白FWと呼んでもいい。パワーもあるし、
むしろこのバージョンに適したCFを入れたとすら言える。
ボージャンも素晴らしいFWだけど、今バージョンなら
ボージャンを外してのD・コスタだったかな?
スタミナには不安があり、ハーフ限定だけど、SSもあるし
サブとしてならブラジル縛りに入れてもいいレベルだと思う。
サビオラ1011白 86試合26ゴール17アシスト
貢献度:2.5
ある意味、「悲劇のFW」なのかもしれない。
D・コスタ入団のあおりを食らった人。
前バージョンでは中央突破が機能してて、なおかつパワーが
要求されたので、パワー系CFがどうしても欲しかった。
代わりにサビオラかボージャンを外せばよかったのだが、
その頃何故かボージャンは絶好調で、サビオラはパートナー
だったので外すのが惜しく、
「STならサビオラでも出来るし、ロサレス外そう」
となった訳。
で、バージョンが変わり、サイド攻撃が有効となったが、
すでにロサレスは外した後。
仕方なく、左WGへ後半から投入。
しかしやっぱりサビオラは、CFでラインブレイクさせてこそ。
それなりにクロスはあげたけど、やはり満足のいく結果は
残せませんでした。
はっきり言って、このチームでは戦犯級。
しかし、チーム事情で不慣れなポジションをやっていたという
のもあるし、またしてもパートナーとなったので、次に活躍する
チャンスをあげることにします。
レジェス1011白 112試合41ゴール30アシスト
貢献度:5.0
全白チームの右WG(後半)
シナマポンゴルがスタミナに不安があるのもあって、結構
出場試合数的には多いが、それでもこのチーム内で
ゴール数は4位、アシスト数は2位と大活躍。
立ち上げ当初はカットインからのシュートが強烈でゴール数を
重ねてたけど、反面右サイドを抉ってクロスして欲しいのに
言うことを聞かずちょっとイライラしたけど。
連携が繋がってからはちゃんとクロスもあげるようになり、
あれよあれよとアシストの山。
ドリブル突破も巧みで、いい選手だよね。
ドリブル突破が出来て、いいクロス上げれて、決定力もある。
おまけに左右できるし(左では私は使った事ないけど)、
私が最も好きなタイプの選手だね。
全白・スペインU5ならありですよ。
一度使ってみて下さい。
ダクール0405白 52試合3ゴール6アシスト
貢献度:3.0
チームの「穴埋め屋さん」
これといって特筆する活躍はしていないけど、
アンデルソンやデミチェリス、L・ディアッラが不調時に代わって
出場。
地味ながら穴を埋め続けた「フォアザ・チーム」な方。
存在自体がチームに貢献しているので、サビオラやカリッソ
よりも貢献度は高い。
顔色もいつも安定していたのもプラスポイント。
最後にパートナーとして残ってくれたけど・・・
次のチームには連れていけないんだよ。ガーゴいるし。
ご苦労様でした。
スールシャール0607白 95試合54ゴール7アシスト
貢献度:5.0
ほんと、「ベビーフェイスの殺し屋」
素晴らしい活躍でした。!!
序盤からそこそこ活躍していたけど、D・コスタの加入後は
前半ボージャン、後半D・コスタのパターンが多く、
割を食ってた。
しかし成長するにつれ徐々に存在感を発揮。
後半、何故かボージャンのゴールが止まってしまったので、
前半D・コスタ、後半スールシャールでいったらこれまた
大当たり!!
ゴール量産で、特殊実況?の嵐でした。
「ベビーフェイスの殺し屋、オレグンナー、スールシャール!!」
この実況は一度は聞いてほしい。クセになるから(笑)
決定力はピカイチ、パワー、スタミナはないけど
充分通用します。是非!!
パートナーはデミチェリス・サビオラ・ダクール。
デミチェリス、サビオラは次チームの構想に入ってたので
有り難い。
ダクールは、ちょっと一休みかな。
このチームで、打倒デール・・・(もぉええっちゅーねん)

2015年3月 9日 (月)

やっとこせ、全白全冠達成です

イオン和歌山店にWCCFが入ったとの情報を
入手していたので、先日、会社の帰りに行ってきました。
(会社もイオン和歌山店も同じ和歌山市内なのだが、
位置関係上、会社の帰りに寄るといっても遠回りになるので
今まで二の足を踏んでたのです。道も混むしね)
結論:悪くないね。
クレサは「1314設置記念サービス」で9クレだそうだ。
クレサに不満はないけど、ずっとこのままでいてくれないかな。
サテは4サテと少ないけど、これは贅沢は言えない。がしかし
交替制らしく、地域でここが一番安いので私が行った時も
私含めて満サテになってたので、ここはちょっと
(待ち客がいないかが)気になるので、できれば無制限にして
もらいたい所。
しかしながら、(和歌山市の外れとはいえ)和歌山市内で
WCCFが9クレでプレイできる、という環境は非常に有り難い。
今までは出来なかった「会社帰りに1000円だけ」が可能に
なった。
これからは「ガッツリ」は貝塚で、「ちょこちょこ」は和歌山でと
使い分けよう。
ということで、和歌山イオンで2000円18クレを
全白とチェルシーU5Rテストをプレイ。
全白は、前回テンプレにフルボッコされて凹んでたけど、
とにかく(テンプレが出ない事を願って)任期最後まで
頑張ろうと。
情けない話だが、現状のチームでは私の力ではどうやっても
テンプレにはかなわない。
でもテンプレじゃないチームになら、対人でもなんとかなる。
だからもう、こうなったら運だよね(笑)
・・・で、運は向いてきました。
決勝戦まで進んで、いよいよ対人戦。
相手は、・・・テンプレじゃない!!クリロナもメッシもいない!!
試合数も3・40試合前後だったし、これはひょっとするかも。
縛りはよくわからなかったけど、バティ、ヤンカー、デ・ロッシに
グスタボって・・・どこだろ?(笑)誰か分かる?
セリエA縛り?
試合は何故かこちらが主導権を握る展開に。
これはいける!!と思いながらも、シュートを放つがゴールを
割れず。
嫌な予感が頭をよぎったけど、なんとか後半40分、
シナマポンゴルのクロスをカルドソがダイレクトで叩き込んで
ついに先制点。
そしてこの得点をなんとか守りきり、やっとこせチャントロ
優勝です。
Dsc_0019 
Dsc_0020 
嬉しかったというより、ほっとした。
肩の荷が下りた、っていうのが実感ですね。
いやぁ、やっぱ対人戦はハードだわ。でもそれだけにやりがいが
あるね。
残り数試合をレギュラーで回して、辞任。
最終成績は、117勝7敗17分け
パートナーは、デミチェリス・サビオラ・ダクール。
デミチェリスとサビオラは次の全白でも使う予定だったので
こいつはありがたい。
次の全白チームは「対デール全白」チームですから。
ふっふっふ。デールさんに全白の厳しさを教えちゃる。
(返り討ちに会うやろって突っ込みは甘んじて受けます(笑))
各選手の使用感は次回に回すとして、チェルシーのテストの
様子を。
前回、あまりにイバノビッチの顔色が安定しないので
(つーか徐々にだけど悪化するってかんじ)
これはちょっとDFの代わりを探した方がいいかも・・・と。
で、前回テスト直前で、マルーダを入れたために外れた、
D・ルイス1112黒をテストすることに。
しかし、彼を入れる為には誰かを(一時的にせよ)外さないと。
まぁここらへんを比較的自由に思い切ってやれるのが、テスト
チームの最大利点というか、存在理由ですな。
本番チームでこれやったら、結局ベスト布陣が見つかったころ
には任期の半分が消費してた…なんてことになりかねない。
それでは充分な育成ができないし、信頼度にも影響がある
(はず)
だからテストチームで思い切りテストして、本番を立ち上げから
やる。
時間とお金はかかりますが、私はこの方法でやってます。
で、結局考えた末、A・コールを外すことに。
A・コールは決して悪くはなかった。
(すこぶる良い、とまではいかなかったけど)
だから、「本番では必ず使用するのを前提で」外しました。
分かりやすく言えば、(もうテストの必要がない)ってこと。
おそらくA・コールは星が貯まれば満足する動きをしてくれる
だろうし、そうでなかったとしても彼に代わる左SBがいない。
つまり彼はもう「テスト合格」って事。
そういう意味ではカルバーリョもそうだけど、彼の場合は
DMFでも通用するかとかまだ見たかったので。
イバノビッチを外してテストすればいいかと思う方もいるかも
しれませんが、彼を見限るのはまだちょっと早いかなと。
SB出来ててあの数値の選手は、惜しい。
それにカバーリング重視持ってるし。右ならCBもできそうだし。
もうちょっとテストしたい。
しかしながら、A・コールを外したが為に、そのポジションに
入れる代わりの選手がいないことに気が付いた(バカ)
テリーでは足が遅く、スタミナも心許ない。
ということで、(イバノビッチが不安で)入れたD・ルイスを、
(A・コールの抜けた)左SBでテストするという、
いびつな事態に。
これはひとえに私がマヌケ。
まぁ、A・コールの負傷時に誰が左SBが出来るのかの
テストが出来たと、ポジティブにとらえましたけどね。
結論から言うと、緊急時には使えるかな、というレベル。
星もないし連携線もない状態で判断するのは無理があるけど
ポジショニングが甘く、右往左往するのを見かける。
また、あまり上がりたがらない。これは上がるのが不安?
ここだけとらえれば悪くはないのだが、サイド攻撃、という視点
でみるとWGのサポートに上がって行ってくれないと攻撃の
厚みが出ないので、ちょっと辛い。
が、一対一で正対すればやはり奪取力は高いし、テリーと
比べて足も速いので、まぁA・コールのケガの時は彼で代用
は可能かなと。
で、気になるイバノビッチですが、ちょっと顔色が安定してきた。
ほっと一安心。これなら使える。
動きも徐々によくなってきて、右サイドの攻撃は中々にいい。
ただ、クロスマシーンとしてあえて右にコンバートしている
アザールが、「本当に」クロスマシーンなんで、もう少しゴールを
奪ってくれないものか・・・と若干頭を痛めてます(^^;
JUNさんがおっしゃってましたロッベンですが。
私のチームでは結構クロスあげてるけどなぁ。
ちなみに、24試合で12ゴール11アシスト。
ゴール数・アシスト数共にチーム2位です。
非常に満足していますが。
ゴールもカットインのもありますが、どちらかといえば
アザールのクロスをダイレクトボレーで、という方が多い。
(前述のアザールは25試合で3ゴール12アシスト(汗))
うちの攻撃で問題があるとすれば、トーレス。
あいつ、ほんと顔色悪くて仕事しやしねぇ。
カルーがいつも元気いっぱいハッスル君なんで
(結果もまぁまぁ残してるので)目立たなかったけど、
他の選手が25~11試合に出場してるのに、トーレスだけ
6試合!!
これでは万一カルーが調子崩した時にどうするの!?
・・・・・
とここまで考えて、ふと気が付いた。
D・ルイスは使えそうだし、イバノビッチも使えるめどはたったけど
対人におけるサイド攻撃対策、というのも考えていまして。
(そんなに大層なものではないですが)
その観点からも、ちょっとDFの枚数は欲しいなと。
つまり、イバノビッチがOKでも、D・ルイスを入れたいなと。
本番ではA・コールは勿論使いますし、じゃあ誰を外すか・・・
いたじゃん。前線に。
カルーが調子崩した時には、又色々考えます。
何とかなるっしょ(いいかげん)
それより今回はDFの枚数が欲しい。
それでなくてもDMFのサブがいないので。
ということで、今回のテストでイバノビッチはとりあえず合格。
トーレスが不合格で次回外れ、代わりに今回外したA・コールを
復帰させて、もう少しテストしたいと思います。

 

 

2015年3月 7日 (土)

ええい、連邦のテンプレは化け物かっ!!

・・・ひとつ前のブログに突っ込みが全くないので
軽く凹んでる、ツキノです。
寒い時代だとは思わんか・・・
先日、貝塚にて50クレプレイ。
ジャパン、ICCを取って、しっかり天狗になっていたツキノ。
チャントロもサクッと取れるだろうと甘い考えて始めてみたら。
以下結果のみ。
RLP/CPU 3-0○
RLP/CPU 3-0○
RLP/CPU 3-1○
チャレンジ/CPU 4-0○
RLP/CPU 0-0△
チャントロ/CPU 2-0○
チャントロ/CPU 3-0○
チャントロ/CPU 1-0○
RLP/CPU 1-0○
RLP/CPU 0-0△
チャントロ/人 0-1●
チャントロ/CPU 1-0○
チャントロ/CPU 2-0○
チャントロ/CPU 0-0△
チャントロ/CPU 1-0○
チャントロ/人 0-5●
チャントロ/CPU 2-0○
チャントロ/CPU 3-0○
チャントロ/CPU 3-0○
チャントロ/CPU 3-1○
チャントロ/人 2-2△PK×
・・・テンプレ強し。
もうね、正直「こりゃダメだ」って思ってしまってる自分がいた。
特に0-5で負けた時は心が折れたし。
この後、とりあえずテストチームの方をプレイしたけれど。
帰りの車の中、「次に蹴りに行く日に全白辞任しよう・・・」と
考えていたのですが、何の前触れもなく次のセリフが
頭に浮かびました。
「諦めたら、そこで試合終了ですよ」
…私、別に「スラムダンク」のファンでも何でもないのですが。
とにかく、辞任は思いとどまり、残り19試合を全てチャントロ
制覇に捧げるつもりです。
で。
続いてテストチーム。
テストチームの任期が残り10試合だったので、最後まで
プレイしてきました。
で、結論。これでいいでしょう。
最後のテストプレイのメンツとフォメはこちら。
Dsc_0021 
⑪1112V2白    ガイタン
⑩1011白      バルビュエナ
⑨0809白      スレイマニ
⑧0607白      ガーコ
⑦0708白      バネガ
⑥0809白      L・ディアッラ
⑤1011白      エインセ
④1011白      ブルディッソ
③1314白      バルザーリ
②1011白      ルベイエール
①0708白      カリッソ
⑫0910白      トレゼゲ
⑬0607白      ジュリ
⑭0506白      ロサレス
⑮0607白      サビオラ
⑯0708白      デミチェリス
好きだったアルアバレーナを外して、左SBにエインセを配置。
空いた左CBにはブルディッソをチョイス。
丁度マンマーク持ちも欲しかったので。
前回の対人戦で、逆サイドへボールを展開できないと
辛いという事が発覚したので、それを可能にすべく、ロングパス
持ちであるガーコを、ダクールと交代。
L・ディアッラが不調時のKPバックアッパーがいないが、
代わりにガーコのロングパスで何とかなるだろとの考えで。
メシェに替えて、バルザーリをイン。
たった一人のイタリア人となり、連携面で不安が残るが、そこは
旅行で何とかしよう。これでスタミナのあるカバーリング重視が
手に入った。
顔色が安定しないベンゼマに代わって、
「元祖フランス優良SS持ちFW」トレゼゲさんが登場。
スタミナ12は心配だけど、どうせ後半からしか使わないし、
SSも同じオフェンスUP45分だし。
で、10試合した感想。
試合結果だけで言えばいまいち。10試合中3敗もしたし。
だけどテストは結果は二の次だから。
トレゼゲは使える雰囲気がある。コンディションは明らかに
ベンゼマより安定してるし、クロスをダイレクトで叩き込む
サイド攻撃主体の戦い方ならトレゼゲに向いている。
エインセも左サイドは難なくこなすし、ブルディッソもいい守備センス。
カードが怖かったが、10試合では退場まではいかなかった。
(1・2回、ファールはあったけど)
ガーコいいね。昔から優良白だったとは思うけど、使うのは
初めてだったので。
思ったより守備が出来る。もっと軽いかと思ってたけど。
それでいてパスセンスは勿論あるし。
バルザーリだけが、ちょっと気がかりだった。
若干、顔色が安定しない感じだったし、守備も10試合だと
ちょっと・・・(ブルディッソと比べると、劣る)
が、星が貯まれば何とかなるだろうし、どうしてもカバーリング
持ってるCBが欲しかったので。ここは辛抱して使おうかなと。
10試合を終了し、テストチーム任期終了。
150戦 106勝 18敗 26分け
なお、とっかえひっかえ選手を入れ替えていたので、
パートナーはいない模様(笑)
で。終わって早々だが早速チェルシーU5Rのテストに
取りかかる。
前回、日記で書いてから、ちょこっとだけメンバーに変更。
左サイドWGのサブに1011黒マルーダを入れたかったので、
D・ルイスと入れ替えて、テスト開始。
こんな感じね。
Dsc_0022 
テストした感想は・・・うん。まぁまぁ。
悪くない。
つーか、テスト開始がレギュラーがファーストから始まったので
これじゃテストにならんわな(^^;
ただそれを差し引いても、ドログバさん、やっぱすげーわ。
オフェンスはおおむね良好。気になったのは、トーレスと、
マルーダの顔色とパフォーマンス。
まぁ、2人共もう少し様子みるけどね。
中盤も動きには問題なし。ただ、エッシェンが若干顔色が
安定しない。
困った。彼しかハードプレスもってないので
替えられないんだが・・・まぁ様子見よう。
エッシェン以上に気になるのが、イバノビッチ。
数値的にとても期待している右SBなのだが、これも顔色が。
対照的に、「ロングパス要員・CBのサブ」として入れた
ケイヒルがすこぶる顔色がいい。
仕方ないので数試合は右SBにケイヒルを入れてプレイ。
問題なくこなしたけど、彼にはスタミナ不足の不安が付きまとう。
さて、どうしたものか・・・
イバノビッチ以外は、問題はなさそう。
テリー、カルバーリョはボール奪取力に問題はなく、特に
カルバーリョは予想以上によく動き、ボールを取る。
今回はテストしてないけど、DMFでもやれそうだ。
つか、やれてもらわないと困る。なんせDMFのサブいねーし。
チェルシーのテストプレイは19クレ。
大体の感触はつかめた。今までの過去の経験から言えば
スムーズなほうじゃないかな。
次回、D・ルイスをテストしてみたいと思うけど、テストして
良かった所で、イバノビッチの代わりが成り立つか・・・

 

 

2015年3月 3日 (火)

全白には・・・テンプレを突破する性能はない・・・

 

 

だが犬死ではないぞ!!(何人わかるかな?)

さて。

私事ですが、第98回CFAで優勝させて頂きました。
Dsc_0017 
Dsc_0018
写り悪いのはゴメン。
私のペロッタが大活躍!!・・・したと思い込んでおこう。
実のところは群馬の偉いお医者さんが頑張ったからだと
思うよ。
(しかし何気に99回大会で1回戦負けしてるぞオイ(笑))
あとひとつ、チャントロ優勝したら全冠の全白チーム。
仕事帰りに久しぶりにラウンドワン和歌山で蹴ってきました。
・・・
ちょっとは期待していたのですが、やっぱり頑なの7クレ(笑)
まぁ、いいや(諦め)
CPU戦を1-0、2-0、3-0、1-0と勝ち上がって、一度レギュラー
挟んでの決勝戦。
今度はバリバリのテンプレ。キターーーーッ!!(^^;
案の定、右サイドからの方攻めで、CR7がゴリゴリやって来る。
L・ディアッラやコンコが必死になって突破を防ぐ、という構図が
90分間ほぼずっと。
こちらとしても何とか逆サイドにボールを振ろうとしたけど、
逆サイドアタックやロングパス持ってねーし。
ちまちまショートパスでサイドチェンジしても、奪取されたら
あっという間にまた右サイド。
最後にゃL・ディアッラとコンコのスタミナが切れて根負け。
あともうちょっとでドローでPK戦(おそらくそれでも負けてたが)
だったのだが、ラストプレイで突破を許してクロス。
中央のズラタンがダイレクトで合わせてくるが、それを一度は
はじくカリッソ!!
しかしそこまで。
こぼれ球を入れられてゲームセット。
やっぱテンプレは強いっす。
全冠は後日に取っておこう。